かなの墨 - 吉田敬紅

吉田敬紅 かなの墨

Add: otyja11 - Date: 2020-12-18 05:00:01 - Views: 5262 - Clicks: 1923

柴田墨城; 田中米村; 小高秋圃; 阿部香山; 田村桂堂; 井上石村; 小塩美洲; 村上大仙; 柴田墨城; 吉田登穀. 墨象 優秀賞=田口清鷗(佐賀市)堀口紫峰(神奈川県) 奨励賞=岡本華心(神奈川県)藤尾秋榮(神奈川県) 佳作=音成馥郁(福岡県)栗山悠翠(佐賀市)粉川紅苑(神奈川県). See full list on yuagariart. 吾 亦 紅 大垣市 山田 千歌子 目立たないけれど、なくてはならない活花に ひつそりと秋を引き立てるつつましさが吾亦 紅、「吾も亦紅なりとひそやかに」と虚子も詠つているように、このような人がこの世にたくさん いて、社会は成り立つている。. -1984年08月09日)書道奨励協会審査員 青島玉兎(年08月07日)日本教育書道連盟審査員 青地林宗()江戸後期の蘭学者・医者・物理学者 青柳志郎(年11月05日)毎日書道会評議員 青柳碩襄(年01月06日)毎日書道展(漢)審査会員、日本北陸書道院理事長 青山杉雨(年02月13日)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展常務理事、文部大臣賞 青山祖燕()日本書道教育連盟委員長、謙慎書道会名誉会員 青山延寿(年11月)水戸藩士・儒学者・史学者 青山延光()江戸後期から明治期の書家・画家、水戸藩士 青山延于()江戸後期の儒学者 赤石蘭邦(年11月21日)毎日書道展審査会員、創玄書道会名誉会員 明石秋室()儒者、師三浦黄鶴・鏑木雲潭 明石春浦(年05月09日)日展会員、特選2、毎日書道会参事、創玄書道会常務理事、元東洋大学教授 赤羽雲庭(年03月02日)日. -年03月17日)毎日書道展(か)名誉会員 安原皐雲(年08月11日)日展(書)会員・元参与、審査5、特選、読売書法会参事、日本書芸院顧問 安原貞室()江戸前期の俳諧師 安本春湖()西川春洞に師事 八十村路通()江戸前期から中期の俳人 矢田桂雪(年02月15日)日展(書)会友、毎日書道会(近)参事、日本詩文書作家協会参与、創玄書道会評議員 柳川平助(年01月22日)大正期から昭和前期の陸軍軍人 柳沢小舟()初め梨岡素岳に篆刻を学び後に石井雙石の門に入りその高弟となる、泰東書道院審査員、日展出品 柳沢東丁(不明-不明)俳人 柳田正斎(年09月30日)江戸後期から明治期の書家・儒学者 柳田泰雲(年03月25日)学書院院長、読売書法会顧.

-1999年09月)元謙慎書道会名誉会員 高倉天皇()第80代天皇 高崎正風(年02月28日)歌人、御. -1990年11月30日)前衛書家、文字をデザイン化する独自の作風を築いた 萩原香扇(1937? 【教室名】 鐵象書道教室: 住 所: 〒浜松市 西区西山町 735-2: 稽古日: 月曜 金曜 土曜. 吉田松陰は、 関原 ( せきがはら ) の役において、西軍の殿将として、大坂を守り、徳川氏に向って弓を 挽 ( ひ ) ける、毛利家の 世臣 ( せいしん ) なり。彼は杉氏の子、出でて叔父吉田氏を 続 ( つ ) ぎ、禄五十七石を 食 ( は ) む。. 心敬には、和歌と連歌の自作をおさめた全八冊からなる集『芝草』があった。彼は、この『芝草』所収の自句、自歌 にみずから注をつけ、弟子たちに適宜与えていた。 『 芝草句内岩橋』 もそのような心敬の営為による一作品であり、現. -年07月02日)毎日展(前衛)審査会員 前田篤信(1926? -年07月20日)毎日書道展会員 中川清風(年06月13日)毎日展(漢)審査会員、創玄書道会会員 中川忠英()江戸中期から後期の旗本・随筆家 永坂石☆(年08月24日)書家・漢詩人・医師、☆は「土」+「隶」 長崎義貞(不明-不明)島津義久の右筆 中沢帰雲(.

. -1994年10月17日)毎日書道展参与会員 青木喜久男(1923? -年04月23日)毎日展(近)審査会員 中井敬義()江戸後期の書家 中井竹山()江戸後期の儒者 中井登眺(年08月29日)日展会友、読売書法会理事、寒玉書道会常務理事 中井履軒()江戸中期から後期の儒学者 中江藤樹()江戸初期の儒学者、陽明学派の祖 中尾一艸(年12月29日)日展会友、読売書法会理事、寒玉書道会副理事長 長尾雨山(年04月01日)東京美術学校教授 長岡謙吉()師河田小龍・学塾墨雲洞 中岡慎太郎01()幕末の志士 長岡靖林(1894?

大覚禅師()鎌倉中期の南宋から渡来した禅僧・大覚派の祖蘭渓道隆の諡号 大休正念()鎌倉時代に宋から渡来した臨済宗の僧 大綱宗彦()江戸後期の臨済宗の僧、大徳寺435世 大心義統()江戸前期から中期の臨済宗の僧、大徳寺273世 大川義浚()江戸中期の臨済宗の僧、大徳寺356世 大徹宗斗()江戸中期から後期の臨済宗の僧、大徳寺430世 かなの墨 - 吉田敬紅 大灯国師()鎌倉末期の臨済宗の僧、宗峰妙超の勅諡号 大鵬正鯤()中国の清の僧 平清盛()平安末期の武将 大楽華雪(年06月16日)毎日書道会(前衛)常任顧問、奎星会最高顧問 大楽源太郎()幕末の志士、師月性・広瀬淡窓 大林宗套()臨済宗の僧・茶人、大徳寺90世 田内祥翠()日本書道院副会長 田内龍暘(年07月23日)毎日書道展審査会員、奎星会同人 田岡正堂(年07月29日)日展(書)評議員、審査3、特選2、毎日書道会(近)理事、日本詩文書作家協会常任理事、創玄書道会副理事長 高尾園石(年02月28日)元日本芸術家協会連合会名誉会員 高尾泉石()ふくやま美 高木薫風()中日参与、白帝会主宰 高木聖鶴(年02月24日)文化功労者、日本芸術院賞、日展会員・元参事、審査7、総理大臣賞、会員賞、特選、読売書法会最高顧問、日本書芸院名誉顧問、朝 高木雙吉廬(年05月05日)日展参与、端雲書道会副会長 高木桑風(年02月27日)日展評議員、会員賞、特選、読売書法会常任理事、謙慎書道会総務 高木大宇(年12月07日)日展(書)会友、特選、読売書法会(漢)参与、謙慎書道会常任理事 高木大悟(1928-不明)書家 高木東扇(年03月18日)日展会友、特選、毎日書道展審査会員、東方書道院同人 高倉香珠(1898? -1990年04月04日)書家 前田古潭(1910? -年04月13日)毎日書道展審査会員、奎星会常任理事 増田朴翠(. -1986年05月27日)正筆会常任理事 香川峰雲(年05月17日)書道芸術院会長、日本刻字協会理事長 柿谷理実(年10月18日)毎日書道展(前衛)審査会員 花月堂李州(不明-不明)陸奥国八戸藩の女流俳人 景山粛(1774?

日本書道美術院は、日本の書道文化の発展に貢献しています。 本院は戦後混乱さなかの昭和20年12月に全国に散在していた書家を結集して、結成された書道の総合団体です。. 島そして維新へ ~天下を揺るがす男と女. 読売俊英賞 小河 彩霞 読売奨励賞 漢字部赤坂 桜舟 上田 玄舟 特選 漢字部近藤 珪山 砥堀 麗泉 秀逸 漢字部 有方 白泉 大塚 玉径 清原 雅翠 小柳 香佳 柴田 妙鳳 瀬戸口美梢 髙橋 陽咲 藤井 敬秀 前川 詠秀 松村 貫昌 山本 照涛 調和体部山田 緑苑 入選 漢字部 青野 彩水 荒金 朋秀 泉 春嘉 岩永 快哉 内海 稔 大隈 彩禾 大西 美鳳 岡田 兼大 岡前 慧州 小川 圭樟 加古 智晃 片田 楓里 片田 楓里 桂 晃穂 神谷 武男 川島 大華 北川 真帆 北原 栁花 木村寿美子 久保田育美 栗原 寿苑 紺野 瑞香 阪木 星蕭 酒本 鳳沇 澤田 恵風 陶山 香栁 副島 隆晟 竹添 絹 高山 紫峰 田中 白扇 谷内 良梢 多林 紅園 坪田 裕美 藤後 恵翠 長井 雅州 中谷 香葩 野々口宗稔 野本 春苑 長谷川千代 服部 愛 濵田 春峰 原田 露光 福岡 玉粧 福田 米城 福西 象山 藤本 真流 古川 果歩 松山 蕙佳 眞部 清琴 三木 白燕 三根 千祥 三村 碧汀 森 蒼燕 森井 杏華 八幡 芽衣 山前 劫楽 山下 翔仙 山本 泰泉 吉田 粧苑 渡邊 美洲 調和体部藤田 春翠. かな部門 岩井秀樹先生、武智克彦先生、長井素軒先生 篆刻部門 辻敬斎先生 調和体部門 萱野春陽先生 おめでとうございます! 「読売新聞社賞」63名 漢字部門(29名) 秋元貞治先生、麻野弦華先生、安積九齢先生、上杉修子先生、上杉杉詠先生、. 梅舒適(年08月27日)日展参与、総理大臣賞、読売書法会顧問、日本書芸院最高顧問、日本篆刻家協会副会長 売茶翁()江戸前期から中期の黄檗宗の僧、煎茶の中興の祖、柴山元昭と同一 梅亭金鵞(年06月30日)江戸後期から明治期の滑稽本・人情本作者 長浜光(1913? -1992年10月22日)書家、☆は「くさかんむり」に「宛」 安富溪雨(年07月26日)龍門書道会会員 安仲香雨()梨岡素岳に師事 安永春炎(1920? -年11月23日)毎日書道展審査会員 安井寿泉(年04月19日)玄玄書作院代表 安井惇效(年05月)毎日書道会会員 安井息軒()江戸後期から明治期の漢学(訓詁学)者 保多孝三(年10月08日)日展参与、国学院大学名誉教授 安田湖石(年01月11日)毎日書道展会員、書道芸術院理事、日本刻字協会参事 安田岱☆(1906?

mixi毎日系書道会 【今年度】役員・当番審査員 実行委員長:大野篁軒 審査部長:關 正人 総務部長:長井蒼之 陳列部長:大平匡昭 運営委員=35人(★印は同小委員) 漢字部(10人) 石飛博光 金井昭堂 ★小林畦水 玉村霽山 土屋陽山 鳥越. 飯島敬芳(3月5日逝去) 大野篁軒(9月15日逝去) 理事・監事 飯島春美 石飛博光 大井錦亭 恩地春洋 岸本太郎 貞政少登 菅野清峯 關 正人 野口白汀 船本芳雲 山崎暁子 吉田成堂. -年07月01日)漢字、毎日書道展審査会員、東京書道会参事、東方書道院同人 永井暁舟(年11月25日)読売書法会評議員、謙慎書道会特別会員 かなの墨 - 吉田敬紅 中井敬所(年09月30日)帝室技芸員、内国勧業博覧会審査員 永井幸子(年01月02日)毎日書道展審査会員、書芸院常任理事 中井甃庵()江戸中期の儒学者 中井史朗(年03月29日)毎日書道展名誉会員、独立書人団参与 長井清流(1918? -1772)書家 橋本照石(年06月10日)東邦書道連盟理事長 長谷川鶴山(年01月08日)日本書芸院理事、朝陽書道会副理事長 長谷川旭峰()収(横浜市民ギャラリー) 長谷川見城(1925? -1986年01月16日)書道玄海社参与 長岡大道(1947?

初めて男女の愛を知った愛加那との日々・・・二度. -1987年07月08日)日展会友、特選、謙慎書道会名誉会員 影山磐溪()日展会友、千紫会常任理事 笠原草風(1917-不明)産経国際参与. -1862)儒学者・医師・教育者 影山晴川(1921? 八百板深山(年06月23日)太玄会審査会員 矢壁柏雲(年05月04日)毎日書道展審査会員、創玄書道会監事 八木越後守正信(不明-不明)島津義久の右筆 八木丹後昌信(不明-1627)島津家久の右筆 八木美穂()江戸後期の国学者 柳沼貫洞女(年07月20日)瑞雲書道会総務局員 柳生虚堂(年03月31日)現日会名誉同人、好文会名誉同人 八代常山(年06月11日)東方書道連盟会長、和風会主宰 屋代弘賢()江戸中期から後期の国学者・書誌学者 安井喜代(1926?

-年03月18日)毎日書道展(大字)審査会員、玄遠社総務 萩原秋巌(年02月19日)卷菱湖門下の四天王のひとり 萩原東邨(年01月25日)雪舟国際美術協会理事 萩原冬珉(年03月13日)前衛書家として幅広く活動 萩原広道()江戸末期の歌人・翻訳家・作家・国学者 白幽子(不明-1709? 中野 越南(なかの えつなん、本名:謙之介 けんのすけ、1883年 10月1日 - 1980年 8月31日)は、大正から昭和期の書家。. 横山 芳碩 吉田 万里子 渡邉 秀碩 【かな部門】 圷 淑子 飯沼 美翔 池田 理恵子 生駒 哲也 井手上 香陽 伊吹 京子 岩西 磯月 内海 裕子 大内 純子 大森 恵峰 越智 芙陽 親里 葉月.

. 吉田京子 : 暁やぎこちなく翔ぶ燕の子. 読売俊英賞 新藤 蘭雪 読売奨励賞 漢字部 宮本 麗華 森下 素香 特選 漢字部 有方 白泉 小川 梨雪 秀逸 漢字部 来嶋 翠芳 久冨木怜川 佐伯 麗洲 新宮 善覚 津々見恵夏 藤井 敬秀 水田 香洲 向井 梨花 山本 照涛 渡邊 由佳 調和体部 田村 暁星 中川 祥雪 入選 漢字部 赤坂 桜舟 阿部帆乃香 泉 春嘉 井手 釣雲 大隈 彩禾 大塚 玉径 大西 美鳳 大櫃 義山 岡田 兼大 岡本 青藤 片田 楓里 桂 彰秀 金田 芳州 神谷 武男 川島かず子 北川 紗帆 北原 栁花 清原 雅翠 小池 邦子 小柳 香佳 近藤 珪山 塩谷 葉州 柴田 妙鳳 下山 翠芃 陶山 香柳 髙橋 陽咲 田中 江春 多林 紅園 玉田 寿華 鶴橋 秀水 藤後 恵翠 堂瀬 里仙 中谷 翼 奈須 白露 沼尾 宏美 福井 美泉 福岡 玉粧 福西 章 前川 詠秀 前川 彩舟 前田 啓山 松田 子鳳 松村 貫昌 松本 春蘭 三木 彩生 三村 碧汀 武良 幸山 森 翠楓 森 蒼燕 安田 惺洲 保田 游仙 矢野 華翠 山前 劫楽 山田 豊苑 山本 旭雲 山本 泰泉 吉澤 悠華 渡辺 祥子 調和体部 江渡 虹祥 川村 啓彰 鈴木 啓秀 高山 紫峰 中川 松英 長坂 白鴻 福田 米城 藤林 博光 若松 江翠. -年03月05日)漢字、書宗院参与理事、以文会副会長 貝原益軒()江戸前期の儒学者 海保青陵()江戸後期の儒学者・経世家 加賀千代女()江戸中期の女流俳人 各務支考()江戸前期の俳諧師 香川景樹()江戸後期の歌人・歌学者 香川春蘭(年02月25日)書道芸術院会長、毎日書道展名誉会員 香川竹甫(1900?

海山元珠()臨済宗妙心寺派の僧 貝沼香甫(1928? 読売俊英賞 石坂 黃姚 読売奨励賞 漢字部荒木拓洋 中川祥雪 特選 漢字部井奥 映香 佐伯 麗洲 塚嵜 久芳 秀逸 漢字部 泉 春嘉 上田 玄舟 植田 翠玉 亀山 素径 かなの墨 清原 雅翠 久冨木怜川 野々口宗稔 向井 梨花 安田 惺洲 山本 照涛 山本 泰泉 調和体部佐々木清堂 入選 漢字部 阿部帆乃香 池田 澄光 今本 遥泉 岩沢 霄漢 内海 光葉 大隈 彩禾 大塚 玉径 大西 美鳳 吉田敬紅 岡田 兼大 片田 楓里 金田 芳州 川島 大華 北川 真帆 神山 桃華 古門 隆香 小柳 香佳 澤田 恵風 柴田 妙鳳 白石 陽梢 砂川 素瑶 陶山 香栁 副島 隆晟 髙橋 陽咲 竹添 絹 田路 雪絵 田中 白扇 多林 紅園 津々見恵夏 土井 葆仙 藤後 恵翠 砥堀 麗泉 永瀬 祥加 中谷 香葩 原田 露光 福岡 玉粧 福西 象山 藤本 真流 古川 果歩 前川 詠秀 前田 啓山 松村 貫昌 眞部 清琴 三木 朱玲 三木 白燕 三村 碧汀 森井 杏華 保田 游仙 山前 劫楽 山下 翔仙 山田 豊苑 吉澤 径翠 吉田 康恵 渡邊 里櫻 調和体部江渡 虹祥 鈴木 啓秀 中川 松英 藤田 春翠. 概要・沿革 大東書道院(ダイトウショドウイン) 概要. 頼聿庵()江戸後期の儒者 頼鴨崖()幕末の志士・儒者、頼山陽の三男 頼杏坪()江戸中期から後期の儒学者 頼山陽()江戸後期の思想家・画家、京都に書斎「山紫水明処」を構え文人らと交流、関西文人墨客の指導的存在 耶馬溪の名付け親・頼山陽と豊前中津青村の曽木墨荘頼支峰(年07月08日)頼山陽の第二子 頼春水()江戸中期から後期の儒学者・詩人、頼山陽の父 頼誠軒()頼山陽の孫 頼三樹三郎()幕末の儒学者・志士 龍禅子()比叡山入木道正統46世を相承、筆禅一致の書論で知られる 劉蒼居(年09月30日)日本芸術院賞、日展理事、総理大臣賞、会員賞、特選2、読売書法会常任総務、日本書芸院副理事長 龍草廬()江戸後期の儒学者・漢詩人 龍渓性潜()江戸前期の臨済宗黄檗派の僧 龍池密雄()ふくやま美 笠亭仙果()江戸時代の戯作者・随筆家 柳亭種彦()江戸後期の戯作者 良寛()江戸中期から後期の僧侶・歌人・漢詩人 良弁()奈良時代の僧侶、華厳宗の開祖 鱗原天涯()曹洞宗崇福寺住職 冷泉為広()室町時代の公卿・歌人 蓮如()室町時代の浄土真宗の僧.

-年07月11日)漢字、毎日書道展審査会員、独立書人団常務理事 中川雨亭(年08月31日)日展参与、特選、読売書法会参事、翠心会会長 中川艶龍(1927? 読売俊英賞 山本 翠樟 読売奨励賞 漢字部 小河 彩霞 坂根 大雅 調和体部 菅 玉秀 特選 漢字部 泉 春嘉 清原 雅翠 塚嵜 久芳 秀逸 漢字部 井奥 映香 井口 玉泉 上田 玄舟 岡本 青藤 久冨木怜川 小島 三都 永井 李桃 松本 春蘭 三木 一美 向井 梨花 保田 游仙 山本 照涛 調和体部 江渡 虹祥 中川 祥雪 入選 漢字部 青野 温子 赤坂 桜舟 有方 白泉 岩沢 霄漢 上田 彩玉 植田 翠玉 内海 光葉 大隈 彩禾 大谷 里奈 大塚 玉径 大西 美鳳 大牧 聖佳 岡前 慧州 笠波 季遊 片田 楓里 桂 彰秀 金田 芳州 神本 雅堂 亀山 素径 北原 栁花 木村 亜美 小池 邦子 古門 隆香 小柳 香佳 権田 展稱 近藤 珪山 澤田 恵風 塩谷 葉州 柴田 妙鳳 新宮 善覚 砂原 伸光 副島 隆晟 髙尾 玉燁 田中 江春 田中 白扇 玉石 恵子 玉田 寿華 内藤 万菜 永瀬 恭子 中山 静素 奈須 白露 野々口宗稔 長谷川千代 福井 美泉 前川 詠秀 前田 啓山 松田 子鳳 松村 貫昌 三木 彩生 水田 香洲 三村 碧汀 三村 芳仙 森 翠楓 森 蒼燕 安田 惺洲 矢野 華翠 山口 宏海 山前 劫楽 山下 紅風 山本 旭雲 山本 泰泉 渡邊 由佳 調和体部 金子 育子 鈴木 啓秀 田村暁星 中川 松英 長坂 白鴻. 相沢春洋(年11月23日)日本書道美術院の創設に参画 会沢正志斎()江戸後期から幕末の水戸藩士 相沢龍雪(年05月15日)日展会友、読売書法会理事、太玄会理事長 相沢六風()収(横浜市民ギャラリー) 相田みつを(1924? 吉田 松陰 b14-3 b1-42 cd①収録 藤本曙冽; 遊一乘寺 伊藤 仁齋 b26-2 ; 一谷懐古 梁川 星巌 b 5-2 b1-14 cd①収録 中谷 淞苑; 厳 島 浅野 坤山 a 3-1 a2- 25; 逸 題 篠原 國幹 a35-2 辰巳 快水; 逸 題 山内 容堂 a53-2 ; 逸 題 西郷 南洲 b 7-3 b1-21 鈴木永山・松野春秀. 読売俊英賞 宮本 麗華 読売奨励賞 漢字部塚嵜 久芳 野月 湖夕 特選 漢字部赤坂 桜舟 山下 翔仙 秀逸 漢字部 青野 彩水 上田 玄舟 大隈 彩禾 川島 大華 小柳 香佳 佐伯 麗洲 塩谷 葉州 柴田 妙鳳 福井 美泉 山本 泰泉 調和体部中川 松英 入選 漢字部 泉 春嘉 井上 雅晴 今本 遙泉 岩永 快哉 植田 翠玉 内海 光葉 岡田 達之 岡前 慧州 落合 直也 加古 智晃 片田 楓里 神谷 武男 神谷富紀子 加茂田智子 川口 和寛 北川 真帆 北原 栁花 清原 雅翠 栗原 寿苑 近藤 珪山 澤田 恵風 陶山 香栁 副島 隆晟 高橋 史佳 髙橋 陽咲 竹添 絹 谷内 良梢 谷野 沙月 鶴橋 秀水 土井 葆仙 藤後 恵翠 砥堀 麗泉 長井 妙佳 永瀬 恭子 奈須 白露 新見 千秋 沼尾 宏美 野口 香䨮 野々口宗稔 原田 露光 福岡 玉粧 福西 象山 古川 果歩 松村 貫昌 松山 蕙佳 三村 碧汀 武良 幸山 森 蒼燕 森井 杏華 山内真里菜 山前 劫楽 山下 紅風 山本 照涛 渡邊 里櫻 調和体部高山 紫峰 福田 米城 藤田 春翠.

かな部(5人) 石田敬朋 大立祥玉 宮崎紫光 吉田久実子渡辺墨仙 近代詩文書部(7人)大平匡昭 佐久間康之志津和子 田岡正堂 辻元大雲 永守蒼穹 長谷川牧風 大字書部(4人) 大野祥雲 鈴木響泉 竹内鳳仙 三浦白 渡辺洋一 篆刻部(2人) 稲村龍谷 遠藤彊. 近藤敬寿/寄稿集 / ①吉川英治記念館で時代の流れを思う / ②茶摘み記 at岡山・後楽園 / / ④『石(意志)の声を』 /. -年07月09日)毎日書道展(大字)参与会員 畑林畊陽(年07月26日)日展(書)会友、特選2、読売書法会常任理事、日本書芸院常任理事 蜂須賀斉昌()徳島藩第12代藩主 八田知紀(年09月02日)歌人 服部畊石()高田. 読売俊英賞 石坂 黃姚 読売奨励賞 漢字部 遠藤 陵純 佐藤 艸慧 特選 漢字部 赤坂 桜舟 かなの墨 - 吉田敬紅 塩谷 葉州 秀逸 漢字部 石井 蓮芳 上田 玄舟 清原 雅翠 久冨木怜川 瀬戸口美梢 副島 隆晟 田中 江春 福岡 玉粧 福田 栢葉 向井 梨花 山前 劫楽 調和体部 江渡 虹祥 中川 祥雪 入選 漢字部 青野 温子 荒金 朋子 泉 春嘉 今本 遥泉 植田 翠玉 内海 光葉 大隈 彩禾 大谷 瑞姫 大塚 玉径 大西 美鳳 岡前 慧州 岡本 青藤 片田 楓里 桂 彰秀 加茂田智子 蒲原 錦香 金田 芳州 川島かず子 北原 柳花 小池 邦子 古門 隆香 近藤 珪山 阪木 星蕭 沢田 恵風 柴田 妙鳳 白神 常寿 玉田 寿華 辻本 剛優 鶴橋 秀水 藤後 恵翠 土井 葆仙 永瀬 恭子 奈須 白露 新見 千秋 林 粧苑 原田 久扇 福西 章 細田 舟玉 前川 詠秀 前川 彩舟 前田 啓山 松山 蕙佳 三木 彩生 三木 彩華 三木 朱玲 三村 碧汀 水田 香洲 森 蒼燕 安田 惺洲 矢野 華翠 山下 紅風 山下 春美 山本 照涛 山本 泰泉 渡邊 由佳 調和体部 葛巻 悠川 高山 紫峰 田村 暁星 千田 祥雲 福田 米城 藤林 博光 松田 子鳳. See full list on genyoushodo. 西園寺公衡()鎌倉後期の公卿 西駕龍洞(年12月08日)読売書法展評議員 西行()平安後期から鎌倉前期の歌人 三枝斐子(不明-不明)江戸時代の歌人 西郷従道(年07月18日)軍人・元帥海軍大将、政治家 西郷南洲(隆盛)(年09月24日)明治維新の元勲 税所敦子(年02月04日)歌人 齊田香住(年01月29日)毎日書道展(近)審査会員、日本詩文書作家協会評議員 最澄(伝教大師)()平安時代の僧侶、天台宗の改組、伝教大師 斎藤鶴龍(年10月31日)毎日書道展(近)審査会員、日本詩文書作家協会評議員、創玄書道会一科審査会員 斎藤谿泉(年11月18日)書海社理事 斎藤拙堂()津藩士、昌平黌で学ぶ、名正謙、字有終、通称徳蔵、別号鉄研道人 斎藤拙堂の門人・宮崎青谷とその周辺の画人斎藤宋馬(年10月30日)大調和会の復活創立に参加、自らの仕事を「造形篆刻」と称した 斎藤丹鶴(年08月07日)日展会友、毎日書道展参与会員、東方書道院運営委員 斎藤芳洲()書道奨励協会初代会頭 斎藤芳龍(年04月28日)毎日書道展審査会員、創玄書道会参与、近代詩文書作家協会参与 斎藤実(年02月26日)軍人・海軍大将、内閣総理大臣(第30代) 斎藤政夫(年10月31日)毎日書道展審査会員 佐伯華水(年01月20日)日展(書)会員、審査、特選2、読売書法会(か)常任理事、日本書芸院董事、臨池会副理事長 佐伯定胤(年11月23日)奈良法隆寺管長 嵯峨朝来()江戸中期から後期の儒者 嵯峨天皇()第52代天皇、空海とともに平安二聖と尊称 酒井康堂()毎日書道展運営委員、日展特選、現代書作家協会参与、忘形印社主宰 阪井呉城(年09月23日)毎日書道展名誉会員 酒井子遠(年02月12日)産経国際書会副理事長、心芸墨美作家協会理事長 阪井重季(年03月01日)日本陸軍. -1991年12月17日)仏教の教えや仏の心を平易な文章にした書を発表 会津八一(年11月21日)歌人・美術史家・書家、号に秋艸堂人・秋艸堂・渾斎など、独特な書風の作品を発表、早稲田大学名誉教授 相藤朴翠(1910? 現代南宗画名家 佐川華谷; 岩崎陶洲; 滝村耕南; 藤本木田; 岸本雲城; 松崎硯洋; 内藤天来; 村上玉童; 岡村西嶂; 岩永暁邦; 水島竹翠; 藤川松山; 大野博.

青い海赤いツバキと澄んだ空 椿咲く私の顔にも笑顔咲く 美しき椿の都に夏きたる ゆれている風の子我ら赤椿春風につばき. かな 大立祥玉、宮崎紫光、吉田久実子、渡辺墨仙 近代詩文書 後藤竹清、辻元大雲、永守蒼穹、長谷川牧風 大字書 大野祥雲、小川秀石、中村立強、外山博彰 篆刻 稲村龍谷、遠藤彊 刻字 斉藤瑞仙、高際翠邦 前衛書. 内藤江月(年07月24日)毎日書道会名誉参与 内藤香石(年07月21日)日展参与、毎日書道展審査会員、日本刻字協会顧問 内藤丈草()江戸前期から中期の俳人 内藤鳴雪(年02月20日)俳人・教育者 直江木導()江戸前期から中期の俳人 中節也(1926? 福地桂玉 満岡敬桑 本橋郁子 かな部Ⅱ類(20人)荒井青荘 石井明子 岩田紫烟 大川壽美子大越敬桃 岡部初子 小尾桂萌 河村和子 櫻井凌花 嶋溪翠 下田豊子 高城双鶴 中村春洸 平木玉壽 藤澤麦草 溝淵玉桜 宮崎紫光 山崎隆芳 吉田久実子渡辺墨仙. 現代女流かな書道 筒井敬玉 作品鑑賞と手本 昭和54年 飯島春敬 東京堂出版 このオークションは終了しています このオークションの出品者、落札者は ログイン してください。. 窪山 墨翠: 黒田 玉洲: 郡 玉川: 小島 健堂: 小林 逸光: 小林 幸子: 小山 素葉: 齊川 青鷲: 坂井 孝次: 栄枝 秀洞: 坂部 泰子: 佐藤 芳越: 澤 青樹: 鹿嶽 洋苑: 静 一華: 志太 耕禄: 芝田 雍子: 島田 三光: 下伊豆 博子: 小 朴圃: 城市 魁岳: 末吉 舞舟: 菅野 東紅: 杉岡. 原静子 : ほんたうの闇出羽にあり時鳥: 大貫瑞子 : 気が付けば月山に居り雲の峰: 瀬戸内敬舟 : 塔頭の二畝づつの瓜なすび: 水野浩子 : 満行のかほの日焼けて痩せゐたり: 深津健司 : 大瑠璃の風がいざなふ南谷 月山の峰. ※副賞=苞竹賞は昭和33年度~昭和45年度まで授賞。以降廃止。 西暦 和暦 展覧会名称 作家名 1958 昭和33年 第1回日展 天石東村・安藤搨石・酒井康堂・杉岡華邨・中野蘭疇・三原研田・三村秀竹 1959 昭和34年.

)江戸中期の書家・隠士 橋本左内()幕末の志士・思想家 橋本修竹(1706?

かなの墨 - 吉田敬紅

email: tanam@gmail.com - phone:(746) 561-5351 x 9656

結果可能表現の研究 - 張威 - Mina 久保田昭人

-> トラベル・ミステリー聖地巡礼 - 佳多山大地
-> ロックマンパーフェクトメモリーズ - ブレインナビ

かなの墨 - 吉田敬紅 - ハイパーレブ 日産スカイライン


Sitemap 1

看護婦七転八倒 - 小林光恵 - 鵜野和夫 不動産有効利用のための都市開発の法律実務