女の歴史 十六ー十八世紀 3 - 杉村和子

十六ー十八世紀 杉村和子 女の歴史

Add: evuxu96 - Date: 2020-12-13 13:34:22 - Views: 8301 - Clicks: 9524

神話と神秘―古代から中世世界へ 形象化された社会―中世 天上から地上へ―十六世紀から十八世紀 創造すること、創造された女たち―十九世紀・二十世紀 女たちとそのイマージュ―あるいは女たちの眼差し. 注1)セミラミス(『図説古代オリエント事典―大英博物館版』) 注2)大貫他,年,373-374頁 注3)ヘロドトス,158頁 注4)”LacusCurtius • Diodorus Siculus — Book II Chapters 1‑34” (英語)、森雅子「セミラミスと西王母」(オリエント / 31 巻号)参照 注5)小川,年,91頁 注6)森1988年,152頁 注7)森1988年,153頁 注8)「アリギエリ・ダンテ Alighieri Dante 山川丙三郎訳 神曲 LA DIVINA COMMEDIA 地獄 青空文庫」 注9)伊藤年,36-37頁 注10)伊藤年,37頁 注11)伊藤年,47頁 注12)伊藤年,46頁 注13)ジェラール,1991年,186頁 注14)”Sammu-Ramat and Semiramis: The Inspiration and the Myth – Ancient History Encyclopedia“. 女の歴史 G・デュビィ, M・ペロー監修 ; 杉村和子, 志賀亮一監訳 藤原書店, 1994. 1177 古代グローバル世界の崩壊』(筑摩書房,年)90-91頁 注6)王名表はピョートル・ビエンコウスキ, アラン・ミラード 編集(池田 潤, 山田 恵子, 山田 雅道, 池田 裕, 山田 重郎 翻訳)『図説古代オリエント事典―大英博物館版』(東洋書林, 年)および大貫 良夫, 前川 和也, 渡辺 和子, 屋形 禎亮 著『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1998年)参照。. ローマ帝国後期、四世紀頃のキリスト教司祭、歴史家のオロシウスの著作『歴史 “Historiae Adversus Paganos ”』でセミラミスについて取り上げられたことで七つの大罪の色欲の罪と結びついて語られるようになった。. 十六世紀から現代に至るドイツの女流詩人 (g・ブリンカー・ガーブラー編) (Deutsche Dichterinnen vom 16. 注1)渡辺和子「8 アッシリアとフリ人の勢力――前二千年紀前半の北メソポタミア――」(大貫 良夫, 前川 和也, 渡辺 和子, 屋形 禎亮 著『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1998年)302頁)、「フリ人」(ピョートル・ビエンコウスキ, アラン・ミラード 編集(池田 潤, 山田 恵子, 山田 雅道, 池田 裕, 山田 重郎 翻訳)『図説古代オリエント事典―大英博物館版』(東洋書林, 年)) 注2)小川英雄著『古代オリエントの歴史』(慶應義塾大学出版会,年)49頁 注3)渡辺和子「8 アッシリアとフリ人の勢力――前二千年紀前半の北メソポタミア――」(大貫 良夫, 前川 和也, 渡辺 和子, 屋形 禎亮 著『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1998年)301-302頁) 注4)「ミタンニ」(ピョートル・ビエンコウスキ, アラン・ミラード 編集(池田 潤, 山田 恵子, 山田 雅道, 池田 裕, 山田 重郎 翻訳)『図説古代オリエント事典―大英博物館版』(東洋書林, 年)) 注5)エリック・H・クライン著(安原和見訳)『B.

二十世紀に入り、映画として、ロンダ・フレミングがセミラミスを演じた1954年のイタリア映画『風雲のバビロン(イタリア語タイトル “ La cortigiana di Babilonia “ 英語タイトル” Queen of Babylon ”)』、イヴォンヌ・フルノーがセミラミスを演じた日本未公開のイタリア映画『” Io Semiramide “ (英語タイトル I Am Semiramis,” )』(1963)がある。 日本では、二十一世紀になってライトノベル『Fate/Apocrypha』(原作:東出祐一郎。イラスト:近衛乙嗣、~)および同作アニメ年で赤のアサシンとしてセミラミスが登場し、同じく年、同キャラクターがソーシャルゲーム『Fate/Grand Order』にも実装されたことで、主にサブカルチャーの中で認知度が高まっている。特に、君主としての誇り高さと強い好戦性の反面で愛情深い女性性をもった性格付けはこれまでの歴史上のセミラミスの様々な描かれ方を振り返っても、評価に値するのではないだろうか。. フリ人は前三千年紀後半から前千年紀にかけて古代オリエント世界で勢力を拡大した民族集団で、コーカサス語族のウラルトゥ語と関連があるとみられるフリ語を使っていた。(注1)アッカド王朝時代(前2334年~前2112年頃)からウル第3王朝時代(前2112年~前年)にかけてフリ語人名が記録に登場し、現在のトルコ南東部、イラク北部、イラン北西部にかけてフリ語名の王が支配下に置いていた。前二千年紀前半、古バビロニア時代(前前1792年~前1595年)にメソポタミア北部からシリアにかけて拡大した。 紀元前十五世紀頃、メソポタミア北部からシリアにかけての一帯を版図として登場するのがミタンニ王国である。史料上初めてミタンニの名が登場するのがエジプト王トトメス1世(前1506~前1494年頃)時代のエジプトの役人となったミタンニ出身者の墓碑銘で、続く前1500年頃以降ヌジ、アララク、カトナ、ウガリットなどからもミタンニに関する文書が出土、前十五世紀中葉までに地中海沿岸に至る広い範囲を征服した。 女の歴史 十六ー十八世紀 3 - 杉村和子 建国の過程は明らかではないが、通説となっているのが、前十五世紀頃からインド=ヨーロッパ語族がアナトリア地方からメソポタミアにかけて侵入し、フリ人社会の上に、『戦車隊を中心とする戦士の集団からなる貴族階級(マリアヌ)として君臨』(注2)し、ミタンニ王国を建国したというものだ。 一方で以下のような批判もある。 ミタンニ王国の建国については、首都と考えられているワシュカニが現在もまだ発見されていないことも含めて謎が多く、よくわかっていない。インド=ヨーロッパ語族の支配階級「マリヤンヌ」がフリ人諸国を糾合して君臨したとする方が通説ではあるが、以上のような批判もあり見直しと議論が続いている、というのが現状である。 「ミタンニ(ミッタニ)」の呼称は前1500~前1350年にかけてミタンニの支配下にあったアラブハ候国の都市ヌジで発見された、アッカド語で書かれフリ語人名が多く掲載されるヌジ文書にある人名「マイッタ」に由来する地名「マイッタニ」に基づく。一方、フリ語では「フリ」、アッシリア等の文献では「ハニガルバト」、バビロニアでは「ハビガルバト」、エジプトでは「ナハリナ」「ナフリマ」と呼ばれていた。(注4) 年6月、イラク北東部クルディスタン地域にある、ティグリス川東岸のモスル・ダムの湖底か. ジョルジュ・デュビー(松村剛訳)『歴史は続く』 (Georges Duby, L&39;Histoire continue, Paris, Odile Jacob, 1991) ~白水社、1993年~ 著名な歴史家、ジョルジュ・デュビィ()の自伝的著作です。. 女の歴史(3 〔2〕) - 杉村和子(女性史) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

女の歴史 4 : 十九世紀 2 フォーマット: 図書 責任表示: ジュヌヴィエーヴ・フレス 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 199110. 前400年頃、ペルシアのアルタクセルクセス2世(在位:前404~前358年)に仕えた医師クテシアスが書いた『ペルシア誌 “Persica ”』は現存していないが、同書のアッシリア女王セミラミスの伝説に関する記述が、前一世紀の歴史家ディオドロスの『歴史叢書 ” Bibliotheca Historica ”』に残る。(注4) 女神アフロディーテによってシリアの都市アスカロンに住む青年と恋に落ちた女神デルケトー(アスタルテ)は女の子を出産したあと、後悔してその女児を砂漠に捨て、夫を殺して湖に身投げし、半人半魚の女神となった。 捨てられた赤子はその荒れ地に棲む鳩に餌のミルクやチーズを分けてもらいながら美しい女性に育ち、王家の家畜番シンマスの養女となり、シリア人の言葉で鳩を意味するセミラミスの名を与えられた。アッシリアの総督オンネスの妻となったセミラミスは二人の子をもうける。すっかり妻の美しさに夢中となったオンネスは、アッシリア王ニノスのバクトリア遠征に従軍した際、妻を陣中に呼び寄せようとし、セミラミスは一計を案じて男女とも見分けがつかない服装で夫に会いに行き、バクトリア攻略に手間取るア. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 女の歴史(3 〔1〕) - 杉村和子(女性史) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が.

Amazonでゼモン・ディヴィス, N, ファルヅュ, Aの十六―十八世紀 (女の歴史)。アマゾンならポイント還元本が多数。ゼモン・ディヴィス, N, ファルヅュ, A作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. . 新刊紹介 アンヌ・ブシィ著『シラタカのお告げ‐大阪のミコ、20世紀の日本における神降しを職業とするある女の生涯‐』 杉村和子 編集後記. 女の歴史 3-〔2〕 十六-十八世紀 女の歴史 十六ー十八世紀 3 - 杉村和子 2:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。.

ミシェル・ペロー (Michelle Perrot; 1928年5月18日 -) はフランスの歴史学者、パリ第7大学 名誉教授である。 フランスにおける女性史研究の第一人者とされ、アナール学派のジョルジュ・デュビィと共に『女の歴史』全5巻(藤原書店)を監修。. 女の歴史 : 十六-十八世紀 フォーマット: 図書 責任表示: 杉村和子 監訳 ; 志賀亮一 監訳 言語: 日本語 出版情報:. デュビィ (監修), m. ジョルジュ・デュビィ, ミシェル・ペロー監修『女の歴史』全5巻及び別巻1『女のイマージュ ― 図像が語る女の歴史』、別巻2『「女の歴史」を批判する』杉村和子, 志賀亮一監訳, 藤原書店,; Images de femmes, Plon, 1992. 「女の歴史3ー16-18世紀ー 全2巻」ジョルジュ・デュビー、m・ペロー編/杉村和子他訳/藤原書店円 「歴史は続く」ジョルジュ・デュビー/松村剛訳/白水社(93. 女のイマージュ : 図像が語る女の歴史.

紀元前1453年、ミタンニはエジプト王トトメス3世とカデシュ王中心のカナン連合軍が戦ったメギドの戦いで連合軍の一翼を担って戦っている。この時は敗戦の中でトトメス3世の追撃から逃れて撤退、兵の温存に成功している。前1440年頃の王サウシュタタルの時代にヌジ、アララクの支配を強化し、ウガリットやキズワトナを支配下に収め、アッシリアに侵攻して打撃を与えるなど、勢力を拡大して強国となった。 サウシュタタル王を継いだアルタタマ1世、シュタルナ2世、トゥシュラタの三代に渡ってエジプト王家と婚姻関係を結び、エジプトとの同盟関係を背景にオリエントでの勢力拡大を図った。アルタタマ1世の王女ムテミヤはトトメス4世の王妃の一人となり、アメンホテプ3世を生み、シュタルナ2世の王女ギルヘバ、トゥシュラタの王女タドゥヘバがともにアメンホテプ3世の王妃となり、タドゥヘバは後にアメンホテプ4世(アクエンアテン)と再婚している。 アメンホテプ4世と諸外国との外交書簡集「アマルナ文書」にはトゥシュラタ王との文書も残っており、そこにはトゥシュラタ王からの贈答品やアメンホテプ4世からの黄金などの資金援助、両者の婚姻関係を前提とした呼称の特徴などが窺える。そこにはミタンニ王がヒッタイトとの戦いでの戦利品の一部「戦車一両、馬二頭、男の従者一名、女の従者一名」とあわせて戦車五両、馬五組とトゥシュラタ王の姉妹でアメンホテプ4世妃ギルヘバへの贈り物として「黄金の飾りピンを一組、黄金のイヤリングを一組、黄金のマシュの輪を一個、「甘い油」を入れた香料入れ」などが贈られている。(注5). 女の歴史 十六-十八世紀 2 杉村和子監訳 志賀亮一監訳 ナタリー・ゼモン=デイヴィス編 アルレット・ファルジュ編 女の力 古代の女性と仏教 平凡社選書 西口順子著 .1 産みます産みません シリーズ女の決断. 23 税込&92;5,339 日本書籍総目録有.

See full list on call-of-history. 女の歴史3 十六-十八世紀2: : デュビィ ペロー監修 杉村和子 志賀亮一 監訳: 藤原書店: 1995 『女の歴史3 十六-十八世紀2』 a5判 本体=線引等なし 蔵印:なし 表紙:良 小口天地:概ね良 附属=帯:あり カバー:良 ビニカバー付 総合評価:概ね良 初版: 41620. 女の歴史 Ⅲ・十六ー十八世紀女の歴史 Ⅲ 十六ー十八世紀女の歴史 Ⅱ 中世 1 ジョルジュ・デュビィ 監修 21196 女の歴史 Ⅱ 中世わたしらしさの発見 5 アサーティブ・ウーマン 自分も相手も大切にする自己表現. 【tsutaya オンラインショッピング】女の歴史 十六ー十八世紀 3 〔1〕/杉村和子 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. 女の歴史 3 十六ー十八世紀2【中古】. 女の歴史: 著作者等: Davis, Natalie Zemon Farge, Arlette 志賀 亮一 杉村 和子 ファルジュ A ゼモン・ディヴィス N: 書名ヨミ: オンナ ノ レキシ: 書名別名: Histoire des femmes en occident,3 ⅩⅥe-ⅩⅧe siècles. モデルと考えられているのは紀元前800年ごろ、アッシリアに実在した王妃サムラマト(” Shammuramat ” or ” Sammuramat ”、シャムラマット、サンムラマートなどとも表記される)。サムラマトはアッシリア王シャムシ・アダド5世(在位:前823~811)の王妃で、同王の死後、子のアダド・ニラリ3世(在位:前810~783)の摂政となった。(注1) アッシリア帝国の主要都市カルフ(現在のニムルド)のナブー神を祀った神殿エズィダにあるカルフの代官ベール・タルツィ・イルマが奉納した神像に『神ナブーに(中略)、アッシリア王アダド・ニラリと王母サムラマトの長寿を願って、カルフの代官ベール・タルツィ・イルマが、彼自身の長寿をも祈ってこの像を奉納した。今後はだれであれ、ナブーに依り頼み、他の神を頼むことのないように』(注2)と彫られているという。また、『アナトリア南部クムフとグルグムの境界を確定する石碑に、彼女の名前が息子の名前がともに挙げられて』(注1)おり、他にいくつかの奉納文に名前が見えるが、史料が少なく、どのような人物であったのか謎に包まれている。 当時のアッシリアはヒッタイト帝国やカッシート王朝など有力列強の滅亡後、力を蓄えて勢力を拡大させつつある時期であった。アッシュル・ナツィルバル2世(在位:前883~859年)やシャルマナサル3世(在位:前858~824年)が後の新アッシリア帝国興隆の基礎を築くが、シャルマナサル3世期以降、宦官が官僚として重用されるようになり、シャルマナサル3世の後を継いだサムラマトの夫シャムシ・アダド5世と彼女が摂政として支えた子のアダド・ニラリ3世期は一時的に王権が弱体化して宦官や有力官僚が強い権力を持った停滞の時代と位置付けられる。上記のカルフの代官ベール・タルツィ・イルマも宦官であった。 この王統から王位を簒奪したと考えられているティグラト・ピレセル3世(在位:前744~727年)が強いリーダーシップを発揮して周辺諸国を征服し王権を確立。その子サルゴン2世(在位:前721~705)はシリア・パレスティナの征服とバビロニアの再征服を実現してオリエント世界の覇者へと飛躍し、アッシュル・バニパル王(在位:前668~627年)の治世下で新アッシリア帝国は全盛期を迎えることになる。.

女の歴史 3 : 十六-十八世紀 1 フォーマット: 図書 責任表示: ナタリー・ゼモン=デイヴィス 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 199501 形態: 434p ; 22cm 著者名:. Jahrhundert bis zur Gegenwart. 紀元前五世紀、ギリシアの歴史家ヘロドトスは代表的著作「歴史 巻一184」でアッシリアの二人の女王の一人でバビロニアの平野を貫く大堤防を築いた人物としてセミラミスを紹介した。 また、同じくヘロドトスの「歴史 巻三155」にはペルシア帝国のダレイオス1世がバビロンを占領するとき、セミラミスの名を持つ城門があったと記録されている。「セミラミスの門」はバビロンの百の城門のひとつで西方に位置していたが、ダレイオス王はバビロンを占領するとその城門を全て破壊した。(巻三159) また、ヘロドトスはセミラミスと並ぶアッシリア女王としてニトクリスの名を挙げるが、『彼女の業績として語られるのは、実はネブカドネザル(六〇五-五六二)の業績なのである。ルグランはネブカドネザルのペルシア語形ナブクドラチャラをギリシア人が女性名と誤解したところから生じた伝説ではないかと想像している』(ヘロドトス『歴史 上(岩波文庫)』474頁訳注)と、同書の訳者松平千秋は指摘する。この新バビロニア王ネブカドネザル2世(在位:前605~前562年)をアッシリア女王と誤解したヘロドトスに始まり、後世になるとネブカドネザル2世の. Amazonで和子, 杉村, 亮一, 志賀の女の歴史〈4〉―十九世紀〈1〉。アマゾンならポイント還元本が多数。和子, 杉村, 亮一, 志賀作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

近代以降のセミラミスのイメージに大きな影響を及ぼしたのがプロテスタント・スコットランド自由教会の聖職者アレクサンダー・ヒスロップ(1807~1865)の著作『(二つのバビロン ” The Two Babylons ”)』(1858)である。ヒスロップはカトリック教会が悪魔的なカルトであると信じ、本書でセミラミスを使った反カトリックの陰謀論的なプロパガンダを打った。 ヒスロップはセミラミスこそ多神教・女神崇拝を生み出した張本人で、セミラミスの生んだ異教の風習がカトリックによってキリスト教に持ち込まれたと主張し、プロテスタントの正統性を主張する。古代史としても宗教史としても間違いだらけの彼の主張は福音主義を通じて現代まで広がり続けることになり、セミラミスが爬虫類型宇宙人の人類支配計画で重要な役割を担ったなどとするオカルト陰謀論と組み合わされてセミラミスに悪魔的なイメージを植え付けた。. 【最安値 5,339円(税込)】(9/6時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:オンナ ノ レキシ 3(1)|著者名:杉村和子(女性史)、志賀亮一|著者名カナ:スギムラ,カズコ、シガ,リョウイチ|発行者:藤原書店|発行者カナ:フジワラシヨテン|ページ数. シュルテ (著), 駒井 義昭 (翻訳), 篠原 隆 (翻訳) 富士書店. スーパー源氏で取り扱う 【女の歴史3 十六 - 十八世紀1】【ジョルジュ・デュビィ ミシェル・ペロー 監修 杉村和子 志賀亮一 監訳】【藤原書店】6,500円 の商品詳細ページです。. 女の歴史3 十六 - 十八世紀1. 女の歴史 (十六-十八世紀2ナタリ・ゼモン・デ-ヴィス) 3 〔2〕 杉村和子(女性史) 志賀亮一/藤原書店 1995/01出版 p435 22cm ISBN:NDC:367.

・小川 英雄 著『古代オリエントの歴史』(慶応義塾大学出版会,年) ・大貫 良夫, 前川 和也, 渡辺 和子, 屋形 禎亮 著『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1998年) ・佐藤 彰一 著, 池上 俊一 著『世界の歴史〈10〉西ヨーロッパ世界の形成 (中公文庫) 』(中央公論新社,年,原著1997年) ・佐藤 次高 編『西アジア史〈1〉アラブ (新版 世界各国史)』(山川出版社,年) ・小林 登志子 著『古代オリエントの神々-文明の興亡と宗教の起源 (中公新書)』(中央公論新社,年) ・アニェス・ジェラール、ジャック・ル・ゴフ著(池田健二訳)『ヨーロッパ中世社会史事典』(藤原書店,1991年,原著1986年) ・ハンス・キュンク著(矢内義顕訳)『キリスト教は女性をどう見てきたか―原始教会から現代まで』(教文館,年,原著年) ・ピョートル・ビエンコウスキ, アラン・ミラード 編集(池田 潤, 山田 恵子, 山田 雅道, 池田 裕, 山田 重郎 翻訳)『図説古代オリエント事典―大英博物館版』(東洋書林, 年) ・ヘロドトス著(松平千秋訳)『歴史 上(岩波文庫)』(岩波書店、1971) ・森 雅子「セミラミスと西王母」(オリエント / 31 巻号) ・伊藤 亜紀 「髪を梳く女傑──サルッツォのマンタ城壁画と『名婦伝』のセミラミス──」(国際基督教大学キリスト教と文化研究所 人文科学研究 (キリスト教と文化)47号,年) ・”LacusCurtius • Diodorus Siculus — Book II Chapters 1‑34” ・”Sammu-Ramat and Semiramis: The Inspiration and the Myth – Ancient History Encyclopedia” ・”Hanging Gardens of Babylon – Ancient History Encyclopedia” ・Semiramis – Wikipedia ・Nine Worthies – Wikipedia ・Fate/Apocrypha[フェイト/アポクリファ] – TYPE-MOON BOOKS. 〇 川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)-浅川五左衛門ー二男 浅川廣作 妻 大森弘三郎妹ちよ「大森太郎左衛門四男(大森保三叔父)ー大森弘三郎(田島村戸長)ー大森寛三郎・妻 大森保三・長女ー浅川廣作二男 浅川幸蔵・ 妻 大森弘三郎 四女、三男 晴男ー3. フランス文学とはいわば人間像を探究した文学である。仏文学史上の表現で換言すれば、「モラリスト文学」であるのが特徴といえる。1588年のモンテーニュ『エセー』を嚆矢とし、パスカル『パンセ』、ラ・ロシュフーコー『箴言集』などによって、ブルジョワ貴族にみられる悲観的で厭世的. 女の歴史4 十九世紀1.

女の歴史 3 十六ー十八世紀2 n ゼモン・ディヴィス (編集), a ファルヅュ (編集), g. 蔵書管理 蔵書管理 登録№ 書名 副書名 著者1 出版社 出版年 分類番号 図書記号 01008 子どもが自立する時 1 第一反抗期のころ. 著者:ジョルジュ・デュビィ ミシェル・ペロー 監修 杉村和子 志賀亮一 監訳. ペロー (監修), 杉村 和子 (監訳), 志賀 亮一 (監訳) 藤原書店 800円 女としての真理 父権制の哲学の謎 g. 3 1 古代1 1 古代2 2 中世1 2 中世. 2 女の歴史Ⅲ 十六~十八世紀 2 ナタリー・ゼモン=ディヴィス/アルレット・ファルジュ ディヴィス,ナタリー・ゼモン 藤原書店アサーティブネスのすすめ アン・ディクソン ディクソン,アン 柘植書房新社 ★ 古書ワルツ新入荷のお知らせ ★日本の古本屋で販売中(売り切れの場合があります)★☆ 全国無料出張古書買い取り、宅急便による古書買い取りも行っております。☆★下記書籍はもちろんその他 本、資料、紙もの、和本、CD、DVD、LPなど買い取り. .

前十六世紀から前十五世紀末までヒッタイトは弱体化していたが、シュピルリウマ1世(前1370年頃~前1336年頃)はエジプトとの外交関係改善や周辺諸国との和平条約、バビロニア(カッシート)から王女を妃に迎えるなど国力の回復に努めていた。 同じころ、トゥシュラタ治世下では反トゥシュラタ勢力がミタンニ東部で王弟アルタタマ2世を擁立して内紛が勃発、このアルタタマ2世派がシュピルリウマ1世に支援を求めたがその後すぐにアッシリアによって滅ぼされた。この混乱を好機としてヒッタイトはミタンニに侵攻して首都ワシュカニを攻略、トゥシュラタ王を撃破した。敗れたトゥシュラタは息子の一人に殺害されてしまった。 その後、トゥシュラタ王の子の一人シャティワザがワシュカニ奪還を果たすも、シュピルリウマ1世は息子をカルケミシュ王として北西シリアを治めさせ、ミタンニは急速に弱体化していった。縮小したミタンニはアッシリアとヒッタイトという二大国の緩衝地帯となった後、アダド・ニラリ1世(前1305年~前1274年)の治世下で強大化したアッシリア帝国の攻勢を受け、おそらくアッシリア王シャルマナセル1世(前1273年~前1244年)によって前十三世紀半ばごろまでに滅亡させられた。名前が残る最後のミタンニ王はシャットゥアラ2世である。. 女の歴史 5 : 二十世紀 1 フォーマット: 図書 責任表示: フランソワーズ・テボー 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 199802. ・大貫良夫, 前川和也, 渡辺和子, 屋形禎亮 著『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1998年) ・小川英雄, 山本由美子著『世界の歴史4 – オリエント世界の発展 (中公文庫)』(中央公論新社,年,原著1997年) ・小川英雄著『古代オリエントの歴史』(慶應義塾大学出版会,年) ・小川英雄著『発掘された古代オリエント』(リトン,年) ・エリック・H・クライン著(安原和見訳)『B.

女の歴史 十六ー十八世紀 3 - 杉村和子

email: ozutosef@gmail.com - phone:(513) 232-5196 x 7532

生協だからこそできる食べものづくり - 生活協同組合コ-プこうべ - アジア長期経済統計 尾高煌之助

-> 能代市1(能代) 2006
-> 商法を学ぶ - 谷川久

女の歴史 十六ー十八世紀 3 - 杉村和子 - 浦田泰宏 ランディ ローズでマスターするロックギター


Sitemap 1

くすりの科学知識 Newton別冊 - 村中陽子 看護ケアの根拠と技術