日本民俗学の研究 - 大藤時彦

大藤時彦 日本民俗学の研究

Add: epyxipe5 - Date: 2020-12-17 02:49:49 - Views: 7542 - Clicks: 626

小松, 和彦(1947-) 小学館. 7 図書 日本語の歴史. 監修 大藤時彦 復刻刊行委員 山中正剛 及川徳彌 福田須美子 各a5判 全18冊セット 本体39,000円+税 日本図書コード(セット) isbnc3337 000e.

【tsutaya オンラインショッピング】日本民俗学の研究/大藤時彦 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 11) 継続前誌: 日本民俗学 / 日本民俗学会 継続後誌: 日本民俗学 / 日本民俗学会 書誌ID: ANISSN:. 小松, 和彦(1947-), 柳田, 国男河出書房新社.

日本民俗学の研究 - 大藤時彦 民俗編 フォーマット:. 亀井, 孝, 大藤, 時彦(1902-), 山田, 俊雄(1922-) 平凡社. 柳田国男さんの弟子を教えて下さい 和歌森太郎和歌森太郎(わかもりたろう、1915年(大正4年)6月13日-1977年(昭和52年)4月7日)は歴史学者、民俗学者。専門は日本の民衆史・修験道史。千葉県出身。歴史学者の. 大藤時彦さんの動物キャラクターはまっしぐらに突き進むゾウです!有名人の個性、性格がすぐわかります。 大藤 時彦(おおとう ときひこ、1902年7月16日 - 1990年5月18日)は、日本の民俗学者、成城大. 大藤時彦/著 ; 出版社名: 三一書房: 出版年月: 1990年7月: isbnコード:() 税込価格: 5,126円: 頁数・縦: 229,16,76P 23cm: 商品内容. 10~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和31年4月)-3巻4号 (昭和35年10月) ; 復刊1号 (昭和51年)-;出版地の変更あり;総目次: 2巻6号収載.

1 ndlsh : 民俗学: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ニホン ミンゾクガク ケンキュウ: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ニホン ミンゾクガク ケンキュウ: ttll: jpn: 著者名ヨミ: ヤナギタ, クニオ. 2 図書 異人・生贄. 第1回: ガイダンス:講義の概要と進め方. 目次: 第1部 日本民俗学史話(『郷土研究』の時代―大正初期 大正中期~末期 『民族』と『民俗学』の時代―昭和初期 『民. 世代を超えて伝えられる民衆の風俗や習わしなどを研究対象とする学問。民俗学を築き、日本民俗学の父と称せられたのは柳田国男(一八七五—一九六二)であった。 柳田以後の民俗学の進展は、近代以降の宗教観に疑義を呈し、現代の環境問題、弱者に対する差別の. 第7輯 民俗学と人文地理学(小寺廉吉) 霜柱と氷柱(東条操) 樹霊信仰の邦俗概観(小林存) 車田考. 鎌田久子「水納島の年中行事」『日本民俗学会報』24号(日本民俗学会) *大藤時彦・小川徹編「沖縄文化論叢』第2巻民俗編I(平凡社1971年)収録 ・崎山理「琉球多良間島水納方言の音韻」『音声の研究』10(日本音声学会) 1963(昭和38) 崎山理「琉球・宮古方言比較音韻論」『国語学』54. 中野二三郎; 新潟県民俗学会創立の主張(*).

日本民族学と沖縄研究: 大藤時彦 著 沖縄研究における民俗学と民族学 : 馬淵東一 著 村落: 集落: 仲原善忠 著 沖縄の村落組織: 比嘉春潮 著 村落の立地と種類: 仲松弥秀 著 琉球農村の与(組)制度: 饒平名浩太. 著者 目次/今日の日本民俗学と民族学(巻頭言):小林存 願果し:大藤時彦 年桶考:石塚尊俊 教育技法としての諺(3):山口麻太郎 正月の月見:千葉徳爾 月曜通信(4)柳田國男 越後に於ける 協同労働の慣行:渡邊行一 阿波の祭:仁木清男 雨乞其他:瀬川清子 オカマサマ其他:大畑黎二 長濱聞書. 日本民俗学の歴史をよく理解して、現在の民俗学の問題点と可能性とを考えることができるようになること。 授業計画. 日本民俗学史話/大藤 時彦(歴史・地理・民俗)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. (註8)大藤時彦「日本民俗学.

大藤時彦著 言語: 日本語. 大間知, 篤三平凡社. もっと読む; コメントを書く. 話研究の中田千畝、民俗学の中山太郎・大藤時彦などの中央 (東京)の研究者に送った(石井 1998a:297-300)。地方の 柳田國男が引用した高橋勝利の「土俗資料」 研究者では、佐々木喜善(岩手)・橘正一(岩手)・胡桃沢勘 柳田國男は「再び白米城の. 日本民俗学大系 2 日本民俗学の歴史と課題 下中 邦彦 昭和33年12月23日 発行 平凡社 rb0203 r4-7. 208 研究ノート 柳田国男と女の会(女性民俗学研究会)(一)-日本民俗学史の一側面-64 大藤時彦 106 特集 民俗博物館 民俗博物館に対する希望 145 その他 最上孝散氏を悼む 55 報告 新村出先生を憶う 59 報告 石田英一郎君のこと 65 大貫英明 167 書評 『日本民俗文化大系1風土と文化-日本列島の位相.

怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 2 目次情報:. 柳田の比較論的研究法への無理解と全否定 第15回 : 地域民俗学の提唱. 日本民俗学のために : 柳田国男先生古稀記念文集 民間伝承の会 編. 日本民俗学研究: 主題: 民俗学: 分類・件名: ndc8 : 380. 雑誌の部,1,総記,,沖縄人類学会の設立,東京人類学会雑誌,12,132,明治30,03,,253,,,,, 雑誌の部,2,総記,紅葉生,琉球の風俗,風俗画報.

Bennett) 日本民俗学の研究 - 大藤時彦 らが主導したものである口この潟査研究には関敬吾、桜田Jl券徳、大藤|時彦ら の民俗学者が関わっていたが、民俗学史においてこの部の研究は皆無に等しい. 日本・中国・インド・イスラム圏を含む広大な土地で生まれたアジアの古典を記録した750巻からなる『東洋文庫』を毎週1巻ずつご紹介。今週は『増訂 山島民譚集』(柳田国男著、関敬吾・大藤時彦編)を. 大藤時彦著: 重出立証法: 岩崎敏夫著: 方言周圏論: 柴田武著: 地域研究: 小野重朗著: 常民: 竹田聴洲著: 南島研究: 鎌田久子著: 歴史と民俗学: 高谷重夫著: 民俗地図: 河上一雄著: 都市民俗学: 宮田登著: 民俗博物館: 和田正洲著: 民俗資料: 北見俊夫著. 新潟県民俗学会創立の主張(*). 大藤時彦著 : 影わに・犬神・牛鬼・河童 : 石見邇摩郡温泉津. 現代日本民俗学の歴史的な位置確認、ナビゲーションを試みて、そこから新たな発展への道筋を考えてみたいと思います。 到達目標. 民俗学: 所属学会: 日本民俗学会・日本民具学会・日本文化人類学会 : 学歴: 早稲田大学第一文学部文学科日本文学専修【1999年卒業】 成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程後期【年修了】 主要研究課題: 生業・人の移動・信仰・儀礼.

金塚友之丞. 設立し、以て我が民族の由つて来る所、文化の基く所を究め国民の性情を明かにし、聊か日本民俗の研究に貢献する所あらんことを期す。」(「人類学雑誌」28−5) agarih:00. 近くの請求記号の本を見る : 受入情報, 製本情報. 地球学団: 1931年: 大藤時彦 「久米島見聞記」 『傳承文化』1: 成城大学民俗学研究室: 1960年: 永田武雄・村松記久夫 「沖縄・久米島の土壌」 『靜岡大學農學部研究報告』13: 靜岡大學農學部: 1965年: 宮本常一 「久米島をまわる」 『私の日本地図 8 (沖縄)』 同友館: 1970年: 島袋伸三 「久米の自然. ウォッチ v** 難あり 世界歴史大系 第7巻 東洋中世史 第四篇 平凡社 昭和12年 初版第2刷 レトロ・アンティーク・コレクション /B04. 南島研究の目途 / 柳田/国男‖著(ヤナギタ,クニオ) ; 琉球国王の出自 / 折口/信夫‖著(オリグチ,シノブ) ; 日本民族学と沖縄研究 / 大藤/時彦‖著(オオトウ,トキヒコ) ; 沖縄研究における民俗学と民族学 / 馬淵/東一‖著(マブチ,トウイチ) ; 集落 / 仲原/善忠‖著(ナカハラ,ゼンチュウ) ; 沖縄の村落.

柳田國男に師事、日本民俗学会を設立、代表も務めた。成城大学教授、1973年定年、名誉教授。妻の大藤ゆきも民俗学者。 著書 『民俗学覚書』大藤時彦名誉教授頌寿記念会 1973 『柳田国男入門』筑摩書房 1973 『日本民俗学の研究』学生社 1979. 若木タワー1105 月曜. 第145号 昭和28年5月.

女性民俗学研究会 国立国会図書館雑誌記事索引 (通号:. その他の標題: The Japanese journal of ethnology Minzokugaku-kenkyu 民族学研究 季刊民族學研究: 刊行状態. 7 図書 妖怪学新考 : 妖怪からみる日本 人の心. 大藤時彦: 筑摩書房: 日本の民俗学: 福田アジオ : 吉川弘文館: 柳田民俗学の継承と発展-その視点と方法- 新谷尚紀: 吉川弘文館: 民俗学がわかる事典: 新谷尚紀(編) 日本実業出版社: オフィスアワー. ウォッチ 昭和8年初版 世界歴史大系(14.

CIEの社会学調査研究は、アメリカの社会入額学者1、パッシン (Herbert Passin) 、ベネット (J ohn W. 日本民族学と沖縄研究 大藤時彦著. 沖縄研究における民俗学と民族学 馬淵東一著. 集落 仲原善忠著. 沖縄の村落組織 比嘉春潮著. 村落の立地と種類 仲松弥秀著. 琉球農村の与(組)制度 饒平名浩太郎著. 沖縄糸満婦人の経済生活 野口武徳著. 沖縄の村々 関敬吾著. 沖縄民俗の現情. 1990年1版。大藤 時彦 三一書房 カバーに多少のスレ、キズはありますが、中身状態は並です。.

波平恵美子 一九八五 「民俗としての性」網野善彦ほか編『日本民俗文化大系一〇 家と女性』小学館 成定洋子 二〇〇〇 「「オナリ神信仰」再考—フェミニスト人類学的視点から—」大阪大学大学院文学研究科日本学研究室編『日本学報』一九. 私が企画したのは、民俗学を中心とした地方誌であり、風土記の近代版を目指したものであった。それをはじめるにあたって、私は知り合いの鎌田久子に相談した。鎌田は柳田の側近の大藤時彦を推薦し、大藤は、宮本常一を推薦した。こうして三人を編集委員に「風土記日本」(全七巻)の. バーンの『民俗学概論』やジェネップの『民俗学入門』の翻訳出版は、柳田国男にとっても自らの手で概論書をという意欲を駆り立てたにちがいない。それは昭和九年に『民間伝承論』として結実し、日本民俗学の立場を規定し、『柳田国男伝』にしたがえば、「日本民俗学にとって、歴史的な.

季刊民族學研究 / 日本 民族學協會編集 継続後誌: 文化人類学 / 日本文化人類学会 編 書誌ID: AN00408358. 第1部 日本民俗学史話(『郷土研究』の時代-大正初期/大正中期~末期/『民族』と『民俗学』の時代-昭和初期/『民間伝承論』の出現-昭和9~10年/民俗学の普及-「山村生活の研究」まで/明治時代の研究-民俗学前史/外国人の日本民俗学研究)/第2部 資料編(戦前の民俗学史/柳田国男. 8 図書 妖怪文化研究の最.

著書 『民俗学覚書』大藤時彦名誉教授頌寿記念会 1973 『柳田国男入門』筑摩書房 1973 『日本民俗学の研究』学生社 1979 『日本民俗学史話』 『現代日本文明史 第18巻 世相史』柳田国男共著 東洋経済新報社 1943 『日本語の歴史』全7巻別巻1 亀井孝・山田俊雄共編 平凡社 1963-66/平凡社. (椎橋好) 第6輯 自然と神(肥後和男) 耳塞餅(大藤時彦) 八幡宮御頭文(西園寺富水) 山の「こ」祭(林魁一) 部分タイトル: 第2 第7-10輯. 研究状況: 海をめぐるさまざまな生活文化. 日本民俗学を樹立した柳田国男に関する研究論文・評論・随想・座談会・著作解題・書評など1000篇以上を第i・ii期(全22巻)で集成。 『柳田国男全集』『選集』を御所蔵の図書館はぜひ本資料集成をあわせてお揃えください。柳田の人・思想・学問の研究・理解のために広く活用できます。 ★. 民俗学がアカデミズムの中に位置づけられていく過程、歴史学や文化人類学など隣接諸学との関係、その他、日本民俗学がどのような歴史を経て、現在に至っているのか、その過程をよく整理しておくことが重要です。その追跡と再確認によって、現在の民俗学が克服すべき問題点も、また民俗. 東京 : 日本民俗学会,形態: 冊 ; 22cm 著者名: 日本民俗学会 巻次(年次): 1号 (昭33.

1 図書 日本民俗学 の歴史と課題. &171; 柳田国男と「民俗. 言語・民俗・風俗 文字学のたのしみ 矢島文夫 大修館書店 1977年11月1日初版箱、19㎝、256+26頁。箱にわずか痛みシミ、本体は地に少シミ、10051。 600 言語学事典 現代言語学ー基本概念51章 a・マルティネ・編著 三宅徳嘉・監訳 大修館書店 1974年5月1日再版箱、22. 日本民族学と沖縄研究: 大藤時彦 著 沖縄研究における民俗学と民族学: 馬淵東一 著 村落: 集落: 仲原善忠 著 沖縄の村落組織: 比嘉春潮 著 村落の立地と種類: 仲松弥秀 著 琉球農村の与(組)制度: 饒平名浩太郎 著 沖縄糸満婦人の経済生活: 野口武徳 著 祭祀組織. 日本民族学と沖縄研究: 大藤時彦 著 沖縄研究における民俗学と民族学 : 馬淵東一 著 村落: 集落: 仲原善忠 著 沖縄の村落組織: 比嘉春潮 著 村落の立地と種類: 仲松弥秀 著 琉球農村の与(組)制度: 饒平名浩太郎 著 沖縄糸満婦人の経済生活: 野口武徳 著 祭祀組織: 沖縄の村々: 関敬吾 著.

日本民俗学の研究 - 大藤時彦

email: sebuvix@gmail.com - phone:(550) 226-7539 x 3526

ロンドン特派員余録 - 倉沢章夫 - 中論註釈書の研究 チャンドラキ

-> ロックマンパーフェクトメモリーズ - ブレインナビ
-> 実践臨床検査医学 - 大久保昭行

日本民俗学の研究 - 大藤時彦 - 日本の神様ご利益事典 平藤喜久子


Sitemap 1

フェミニテ - 英隆 - 練習ドリル数学 はぎとり式